観てきたので感想を書く。基本はネタバレあり。

端的に言うと、観れはするけどどっちつかずの作品といったところ。


よかったところ

まずはよかったと思ったことをば。

大佐が光学迷彩のまま戦うアクションは個人的には大好きだ。
水しぶきの中、迷彩を使って犯人をボコボコにするシーンは、攻殻機動隊ぽかったし、
他の映画では、あまりみたことない映像だったりで、新鮮だった。

原作でお馴染みの多脚戦車とのバトルもちゃんと入れてくれていたのもよかった。
やはり、ああいう機械の化物を大佐1人でボコボコにするという展開も原作らしさがでていた。

ただ、原作ファンに向けたファンサービスがいっぱいかというとちょっとどうかと思う。

あと、桃井かおりの演技が半端じゃなく良かった。一番、演技がよかったかもしれない。

■原作ありの実写映画としての評価

私自身、攻殻機動隊にそれほど詳しくないし、マンガではちょっと読んだくらいで、主にアニメでしかみてないけども、それなりに思い入れはある。

攻殻機動隊を原作にした映画としてどうなのかを書きたい。端的に言って、原作に思いれある人間からすると物足りないところが多い。

-物足りなさ:いや、素子じゃないんかい!!!

スカーレット・ヨハンソン、素子じゃないんかい!!!
終盤に素子じゃなかった理由が明かされるけども、素子じゃない大佐が出てきた時点で萎える。

加えて、大佐がアニメと違って、個人的な悩んでいるのがかなり違和感ですわー。
別のブログ(島国大和さんのブログ)でも指摘されている通り、原作/アニメだと、大佐は神がかった存在なのに、本作ではナイーブな少女なんすよねー。

いろんな意味で大佐が素子じゃないところが、原作ファンにとっては微妙だ。

-物足りなさ:ゴースト……

ゴーストとは何か、ゴーストという概念を通じて人間性とは何かを考える部分がアニメにはあって、そういうのが攻殻機動隊の魅力だと思っている。
が、本作はそういうのを脇において、スカーレット・ヨハンソンがアイデンティティを獲得する過程がメインであり、ゴーストは、大佐が自分の名前や記憶を取り戻す際の手段の粋を出ていない。

ゴーストは添え物なのである。

他にも、いかにも押井守的な描写も多々あるけども、やっぱり話のコアがアニメとかけ離れているのはちょっと致命的かと。

全体的に、攻殻機動隊というよりも、上記のブログの記事でも触れられている様に、ロボコップの方が内容は近い。

ロボコップとなって記憶がなくした男が、家族の記憶を取り戻していくという展開と本作はまったく一緒である。

「映画」としてどうなのか

原作ファン以外の人にとってはどういう映画かというと、それなりにわかりづらい映画だといえる。

-9課とは……

9課が何する組織なのか説明しないと、攻殻機動隊を知らない人にはよくわからなくないですかね?
総理大臣にも顔が利く、特別な組織ということはわかるとしても、なぜ特別な存在である大佐が配属されるかといったことがわかりづらいのではないか。

-ゴーストとは

アニメでもよくわからない存在であるため、こちらも攻殻機動隊しらない人には辛いかと。
ゴーストがハックされるシーンがあったが、攻殻機動隊ファン的に「これこれ!」と思ってしまうけども、知らない人には結構辛いのではないだろうか。

大佐が芸者ロボにダイブする下りも、アニメでは当たり前だから理解できるが、攻殻機動隊を知らいない人には、意味がわからないと思う。

■まとめ
そもそも、万人受けする題材ではない攻殻機動隊を原作とするからには、もっともっとファンサービスを追求するべきだったと思う。

ただ、攻殻機動隊の壮大な話を2時間できっちりまとめるというのはとても難しいしとも思う。


アニメやマンガを原作にして映画をつくるというのは、どの国がやっても難しいということを本作は教えてくれる。

その他、洋画の感想はこちらから。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。