ブログネタ
真田丸! に参加中!
めっちゃストレス溜まる……。
幸村の思い通りにならないのが、もうホントに……。
堺雅人が言うように、幸村が完全無欠とはほど遠い。



















































 ラストがアツかった。そして、キリちゃんが可愛かった! 


■大蔵の局
やっと、事実上、追放されてくれてとてもうれしい!
茶々がもっと早く彼女を止めていれば、こんなことにはならなかったのにと思えてならない。
片桐様を追い詰めたのも彼女ですし……。

■有楽斎
ざまーみろ!!!
幸村が内通の証拠を押さえてからの命乞いするまでの下りは、
井上順の本領発揮といった感じでとても良かった。
 
■弟達の苦悩
大野治長の弟が突然、喧嘩を始めるし、有楽斎は信長の弟であることをやたら強調するしで、
今週は弟について考えさせる回であった。
このドラマは序盤から、次男のあり方について話していたし、そこは一貫している。
退場した有楽斎はともかく、大野くん弟には兄にも負けない活躍を見せてほしい。

■最初から引き分け狙い
秀頼は国替え前提だし、盛親も旧領の復帰じゃなくて淡路でいいと言うし、戦に勝つと言ってもこちらが生きながらえる条件をのんでもらう程度の想定しかしていないのが悲しい。

その限りなく引き分けに近い勝利のために、命を掛けようとする幸村の姿は切ない。

■カタルシスを感じる時は来た
というわけで、ストレスが溜まる一方の回であった。
ただ、こういうストレスが一気に開放された時のカタルシスは相当なものだと思う。
来週は、キリちゃんも見せ場あるようだし。

その他の真田丸の感想はこちら 
去年の大河、「花燃ゆ」の感想はこちら

↓の本のレヴューはこちら


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。