今日の「とと姉ちゃん」~第21週5回~今日の「とと姉ちゃん」~第21週6回~

2016年08月26日

「NEW GAME!(第8話)」でみるゲーム業界の実態

コンシューマゲームの開発は、夏忙しいイメージがあって、残業に明け暮れたあの時を思い出してしまった。

9月には東京ゲームショウのために体験版をつくったり、11月、12月 というゲーム業界の繁盛期にリリースしようすると、どうしても夏にβ版を提出しなければならないからだ。

さて、前回に続き今回も劇中のエピソードについて検証してみる。






バイトで雇われて仕事をするヤツ
ねねっちは非常に優秀なデバッガーだが、そういう人はホントにいて助かる。
ねねっちの見つけた青葉のつくったキャラが死なないバグは、仕様設計をした側の人間はなかなか気づきづらい。

また、デバッガーはバグを見つけるだけではなく、それを文章でまとめて伝えたり、開発者に直に伝える必要がある。阿波根が褒めたたので、ねねっちはそういうところもしっかりしていたのだろう。

社内の秘密を守ろうとするヤツ
ゲーム会社は、制作しているゲームの内容を社内に出入りする人間といえども知られたくない。
教える情報は最低限に抑える必要がある。
そのため、イーグルジャンプの社内の様にわざわざパーテションで区切っていることが多い。
それをかいくぐろうとするねねっちの行動はなかなか問題で、阿波根が神経質になるのも当然だ。

冷蔵庫にデザート保管するヤツ
本来は、お客さん用のお茶とかをいれておくための冷蔵庫だが、私物が入っているのはよくあることだ。
加えて私物がたくさんありすぎて、冷蔵庫が汚くなることもままある。
八神の様に、自分の食べ物を奪われない様に名前を書くことも珍しくない。

β版の提出で徹夜する人
β版の定義は、全ての機能や絵素材が実装されており、バグ修正だけが終わっていないものを指す。
そのため、ほぼ完成品をつくることを求められるため、八神の様に徹夜してでもがんばる段階だといえる。

全体メールで些細な連絡をするヤツ
盗み食いした人を探すメールはみたことないが、差し入れのお菓子が来ました! みたいなメールはみたことがある。

プロジェクトメンバーが多いと些細な事を知られせるのも、口頭だとしんどいからメールは重宝する。

■まとめ
今回は、ゲーム開発のしんどい時間帯だったが、それにも関わらず楽しげに描いていて感心する。
それでいて、ちゃんとあるあるを盛り込んでいるから、見事です。

来週も楽しみだ。

関連記事:
NEW GAME! その他の話の解説はこちら
ゲーム業界を志望する方へのアドバイスはこちら
ゲーム業界の様々な用語の解説はこちらから





このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の「とと姉ちゃん」~第21週5回~今日の「とと姉ちゃん」~第21週6回~