今日の「とと姉ちゃん」~第13週5回~【感想】真田丸~第26週「瓜売り」~

2016年07月02日

今日の「とと姉ちゃん」~第13週6回~

鉄郎は癒やし!

いやー、落ち着くわー。もっと早くでてきても良かったのに……
泥棒と思われた男が鉄郎だった時は、常子と同じように歓喜してしまった。

ただなー、ここまでの展開で、常子たちが鉄郎を心配する描写があってもよかった感はある。 


安定の日常パート
鉄郎が来てから、本作の持ち味である日常パートが盛り上がったのがよても良かった。

料理をつくる姿にあのCMを思い出した人も多かったようだし。

薪の割り方を教えたり、瓦を直したりする姿は、ほのぼのしたなー。

組長の好演
組長の息子が死んだ時のテンションの低下っぷり。その落差に役者の力を感じた。

加えて、玉音放送を聞いた時の涙なー。
この描写があるから、日本人として悲しみと、戦争終結によって出版の仕事ができる喜びのという2つの感情を抱くという常子の心情にリアリティーが湧くというものだ。

組長さん、戦後はどうすごすのだろうか……。

今週の「とと姉ちゃん」-戦争を描く難しさ
いやつらい。みていて、とてもつらかった。
戦争のリアリティーを十分に描ききれてないという人もいるのだが、朝ドラで、戦争描写のリアリティーをさらに深められると鬱展開になって観るのがというのが個人的な意見だ。

ヒロインである常子にとっての戦争、もっといういと戦争が常子の人生にどんな影響を及ぼしたかを描くことが大事だと思う。
だから、この戦争の描写が、これから描かれる常子の今後の人生にどんな影響を与えたのかをみることではじめて評価できると思うのよね。

来週への期待
戦争で溜まっていたフラストレーションを晴らす様な常子の活躍がみたい。
あとは、もどってくるぐっさんやミッチー、そして花山といった戦中に常子が出会ったキャラがどれだけいい味を出せるかも期待です。

その他のとと姉ちゃんの感想はこちら

以下、この記事のトラックバックのURL
http://movie.blogmura.com/rpc/trackback/71348/r8pvtwyes1pv
http://tv.blogmura.com/rpc/trackback/92363/r8pvtwyes1pv
http://tv.blogmura.com/rpc/trackback/118974/r8pvtwyes1pv
http://tv.blogmura.com/rpc/trackback/87028/r8pvtwyes1pv



このエントリーをはてなブックマークに追加
sonykichi at 11:48│Comments(0)TrackBack(0)ドラマ | 朝ドラ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の「とと姉ちゃん」~第13週5回~【感想】真田丸~第26週「瓜売り」~