今日の「とと姉ちゃん」~第12週2回~今日の「とと姉ちゃん」~第12週3回~

2016年06月21日

【ゲーム業界用語辞典】iphone4S

iphone4Sお疲れ様でーーす!!!


iphoneの新OSではついに、4S が対象外に(参照記事)。とても、とてもめでたい!!
これでスマホでのゲーム開発も、4Sを対応端末からはずせるーーー。
(注:新OSのリリースまではまだまだ対応しなければなりませんが……)

あまりにもうれしいので、4Sの呪縛について今日は書きます。


■縦横比
4Sは最近の主流、HD画質でも同じの16:9比べて、より正方形に近い4:3です。

4Sの縦横比に合わせて画面をつくる結果、
スマホの画面をフルに使うことができませんでした。

企画的には、UIやUX、画面のアイコンやキャラの配置などを
4:3というすでに主流じゃない縦横比で設計するのがしんどかったです。

■スペック

4Sのハードスペックはとても低いです。
メモリなんて、windowsXPの時代のPC並の512MB。
しかも、スマホは、しょせん電話ですので、
ゲームだけにそのメモリの全てを使うわけにはいきません。

しかし、最近のゲームは、3DCGをごりごり使っていて、
処理すべきデータはどんどん増えています。

ユーザー数
4Sを使っている人は、とても多いです。
発売から数年たったスマホとしては驚異的な数です。

スマホアプリにとって、多くの人が使っている機種に対応しなくなることは、
すなわち、ユーザーの大幅な減少を意味します。これは、スマホアプリの運営にとってとても致命的です。

結果、4Sで動作しない機能やグラフィックは実装を見送らざるおえませんでした

スマホアプリの限界
このように、4Sはスマホアプリの開発に様々な制約をもたらしてきました。
家庭用ゲーム機
と違って、スペックや仕様の異なるハードに合わせて
開発するというのはなかなかにしんどいです。

4Sがなくなっても、この問題はずっと付きまとうのです。
4Sのゲーム開発者にとっての意義は、この問題をずっと考えさせてくることだったのかもしれません(適当)


ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m

その他の用語はこちら
※この記事のメモするときには、「はてなブックマーク」がおすすめです♪

 
 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の「とと姉ちゃん」~第12週2回~今日の「とと姉ちゃん」~第12週3回~