今日の「とと姉ちゃん」~第9週3回~今日の「とと姉ちゃん」~第9週4回~

2016年06月01日

【ゲーム業界用語辞典】座席

新入社員のあなた!  

そんな座席で大丈夫か!!


ゲーム業界では、同じプロジェクトのメンバーとの物理的な距離感が非常に大事です。
私は、他のプロジェクトメンバーとの座席が遠くて地獄をみた経験があるのです。







■お前らは何をいっているんだ?
プロジェクトのメンバーが、ビルの端に固まっていたのですが、
私の席はその真逆の一番端にあって、しかもフロアが違う
それが、私が一番、隔離された座席を味わったケースです。

そういう状態だと、もうね、みんなが何に困っていて、何を考えていて、
いつ何をする予定なのかがさっぱりわからんのです。
なぜなら、そういうちょっとしたことは、頻繁な会話で雑談の様に共有されているからです。
ミーティングが頻繁に行われていたら、話は別ですけど、そんなわけもなく......。

そんな状態でプロジェクトの会議の議事録をとれとか言われた日には、

お前らは何を言っているんだ 
という状態になってまったく議事録は取れないのです。

■話しかけづらい......
みんなが何を言っているかわからない以上に困ったのは、
話しかけるタイミングが見つからなかった ことです。

席が近ければ、暇そうな時をみつけて話をしにいけるのです。
ちょっと聞けば済むことをメールなんかでいちいち聞いていたら、
キリがないですし、仕事は終わらないのです。

■まとめ
席が遠くても、最低限、同じフロアにしてもらわないとまずいです。
そもそもゲーム開発は、微妙なニュアンスの共有が大事だったりします。
そのためには、せめて座席は近くなければなりません。
ゲーム開発が、海外にあまり外注されずにいるのもこのためです。

もし、あなたの座席が隔離されていたら、上司に文句を言ってよいです。
少なくとも、座席が遠くて仕事がしづらいということは伝えておかないと、
仕事が進まないことの責任を問われます。

座席を甘く見るな!!

その他の用語はこちら
※この記事のメモするときには、「はてなブックマーク」がおすすめです♪

 
 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の「とと姉ちゃん」~第9週3回~今日の「とと姉ちゃん」~第9週4回~