うん、おもしろかったよ。

すげー、ながいのだけど、要所要所で、懐かしいスターウォーズのギミックを入れてきて、
目が覚める。CMででている、あの、ロボットとか、Xウイングとか、ライトセーバーとか、フォースとかとか。

ヒロインもいい感じだし。デイジー・リドリー、スレンダーで綺麗だし。
3Dでみたけど、長くて目が疲れる。2Dでいいかと思います。

以下は、ネタバレです。 


ファルコンかっこいい。
懐かしいあれが登場するのはいい。

例え、旧三部作の時点で、ボロボロだったのに、
そしてジャンク屋で売られて、ほとんどメンテナンスをしていないのに、
動いても、かっこいい。

スターウォーズ感半端ない。ボロボロだけど、操縦士の腕で、帝国をやっつける感じ、
「これこれ、これだよ、スターウォーズ」っておもっちゃう。

他にも、Xウイングがデススターっぽいものを破壊する時に、
狭い場所を通っていく姿もツボを押さえている。
超かっこいい。記念すべき第一作目のあれを現代のCGでみれられるとテンションあがる。

そして、ライトセーバーでの格闘はやっぱりかっこいい。
時代劇の殺陣の方が、動きがキレキレでも、のSEとCGエフェクトがあれば、「スターウォーズ感」でかっこよくできる。

タイミングが抜群にいい
ファルコンがでてきてから、まあだれそうになるんですが、
ハンソロがでてくる、しばらくすると、ジェダイのライトセーバーがでてくる、
しばらくすると、Xウイングがでてくる、またしばらくすると、R2D2がでてくる。
レイア姫がでてきた時にがっかりしたのは、内緒!

J・J・エイブラムスは、オタクだと聞く。そんな彼はオタク心をくすぐる方法を知っているんだと思う。
彼がスターウォーズのファンだから、ファンが喜ぶタイミングで相応しいものをだしてこれると思う。
監督として良い仕事している。

それでも雑なとこはある
マジでさ、ルークってフォースをマスターするのに、あれだけ時間かかったのに、
レイが独学で覚えちゃうってなんだよーー!!!

そもそも、ヒロインは何者だから、ジェダイになれるんだよ!!

そして、脱走兵の彼、ジェダイと関係ないのに、ライトセーバー、振り回したらダメでしょ!!

あと、ハンソロ、レイアもルークも歳をとりすぎていてがっかり感がすごい……。
いっそ出てこないで欲しかった。
ハンソロはもともとダーティーな役だったら、味がでて、まあ許せたけど、そのハンソロは死んでしまうし。

ルークはいい歳こいて、引きこもるし……。
その三人については、的を得たレヴューがあったので、引用したいです。

それ以上に悲しいのが、旧三部作での数々の戦いや勝利にも関わらず、それ以降のルークやレイア、ハン・ソロの人生が、基本的には惨めであることを本作が決定付けていることなのです。 以下全文


私はそれほど、ファンというわけではないので、ショックは受けないけど、
やっぱりリアルタイムでみた世代には堪えるかなー。

■名作になるかは残り続編次第
レイが何者で、なぜルークたちが追い込まれたのか、
ハンソロはなぜ子育てに失敗したいのか、どれほど彼の息子をダークサイドが勧誘したのか
とかとかが、分かれば、古くからのファンも納得するんじゃないかと思っている。

今は、風呂敷広げている段階なので、まだ失敗か成功かのジャッジをするのは早いと思う。
次回も楽しみにしている。

後、雪原でライトセーバーが雪を溶かした時、
「08小隊のビームサーベル温泉のオマージュ!!」と思ったのは、俺だけじゃないよね。



スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]
リーアム・ニーソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-11-13