【ゲーム業界用語辞典】課金ポリシー【ゲーム業界用語辞典】フランチャイズ

2016年01月01日

新年のご挨拶

IT社員の公私混同の管理人です。

2015年度は、本ブログを開設し、15,000 を超える方に訪問頂きありがとうございました。
2016年度もよろしくお願いいたします。

今年は、引き続き、ゲーム業界で使われている用語の解説、ゲーム業界用語辞典と、
趣味である朝ドラの感想を中心に記事を書いていこうかと思います。
 
映画、ドラマ、アニメも好きなのみつけて、どんどん書きますよー。

今年の注目は、大河ドラマ、真田丸 ですねー。
去年は、花燃ゆ が相当な期待はずれでショックでしたが、今年は大丈夫だと信じます。
真田幸村が大好きでお馴染みの私にとって、思い入れ半端ないです。

ドラマは、とりあえず、1月スタート月9に期待です。
高良健吾、有村架純、高畑充希 といった、朝ドラ、大河ファンにはたまらないキャストに注目しています。

アニメは、トリガー作品がとにかく観たい! キルラキル! の感動を再び感じたい!

また、ゲームソフトのレヴューをもう少し、多めに書きたいなーと思っております。
今年は、大好きな、グラビティーデイズ2 を全力でプレイする予定です。
戦場のヴァルキュリアのリブートにも期待です。

皆様の日常に役立てるブログを目指してがんばります。
 


 









このエントリーをはてなブックマークに追加
sonykichi at 11:25│Comments(2)TrackBack(0)業務連絡 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 朝ドラ虎   2016年01月01日 21:44
あけましておめでとうございます今年も宜しくお願いします・

さて新年1発目ですので昨日の紅白の感想からいこうと思いますが
直前に4月からの事実上の「MUSICJAPAN」による「歌謡コンサート」の「吸収合併」(記事の書かれ方は逆でしたが紅白のスタッフがMUSICJAPANやSONGS主導なので実態はJ-POP番組による演歌系番組(歌謡コンサート)吸収)が出た直後だっただけに 何故総合司会黒柳さんなの?と一瞬思いましたが

いわゆる80年代に後トリやとり前の常連だった森進一さんが今回で「紅白引退」を決め
演歌勢に60年代以降生まれ(80年代デビュー以降)が少なくJ-POPと「主役交代」な一方
黒柳さんが3年連続司会だった(1981~83年)にデビュー間もなかったのが今回トリの2人で

32年掛けて紅白に於いて「演歌の前座からメインに押し上げた象徴」としてその過程を知る黒柳さんを
立てた上で、朝ドラ主題歌にJ-POPが入って2016年で25年目(四半世紀)
これからはかつてとは逆(J-POP勢軸で演歌勢が前座)の音楽番組に(新年度)からします
という「宣言」だよね、と思いました

確かに今回の統合は賛否両論あるでしょうが、朝ドラまで使って四半世紀かけて「統合」し
60年代以降生まれではヒットしてる演歌歌手が殆どいない訳で
新年度から新音楽番組を立ち上げる上で「テスト番組としての紅白の歌唱順」と
あの世代を紅白の初出場時から知ってる黒柳さんという構図で
新音楽番組を円滑に立ち上げる役割も担っていたと感じました。
2. Posted by ブログ管理人   2016年01月04日 21:53
朝ドラ虎さん

あけましておめでとうございます。
確かいsongsやMJでおされていた歌手が多く起用されていましたね。

確かに、JPOPは、前座でしたなー。いわれみれば。
するどいご見識ありがとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【ゲーム業界用語辞典】課金ポリシー【ゲーム業界用語辞典】フランチャイズ