前回は、ツールの話をしました。

ゲームをつくる時の様々な作業をするための道具、それがツールです。
そして、ツールの集合体がゲームエンジンです。

詳細は、こちら

※あくまで、解説は一例です。




■ツールを作るのは大変
ツールを一からつくるのは、しんどいです。
ツールをつくる=つくる時間がかかる=お金がかかる 
はい、地獄です。壮大なゲーム=機能が多用・たくさんのキャラ・建物が出てくる ゲーム
をつくろうとすればするほど、必要なツールが増えていきます。

昔は、ゲームの規模が小さく、10人以下のチームも多かったのです。
そこらへんのゲームエンジンの歴史も含めた解説は、島国大和さんのコラムに詳しいです。

■汎用的なツールの集合体の誕生
開発規模が大きくなったので、ゲームごとにツールをつくっていたら、
非常にしんどくなります。

そこで、キャラを表示するとか、キャラを動かすとか、
カメラを動かす仕組み等々、もちろんテキストの表示や音声まで扱えるツールをつくってしまって、
色んなゲームで使えるようにしようと言う試みが、PS3/xbox360 に時代に、
海外はもちろん日本でもはじまりました。

日本では、カプコンさんのMTフレームワーク、が結構な成功事例です。
モンスターハンター、バサラ、バイオハザード等々、ロストプラネットの開発に用いられました。

海外では、スターウォーズバトルフロントでも採用されたでお馴染みの
Frost Bite やグランドセフトオートでお馴染みのロックスターエンジンが自社開発のゲームに利用されました。

ですが、ゲームエンジンの開発には費用が掛かりすぎです。

UBIがPS4/xboxone 世代に向けて、自社でゲームエンジンを開発する時に、
フランス政府は、19億円の資金提供を行いました。

詳細はこちら

国を挙げてゲームエンジンをつくる時代になったしまったのです。
まあ、日本政府は一円もこの分野に投資してないので、凄く絶望的になりましたね、この記事を見たとき。

そして、ゲームエンジンの開発の最大の問題点は
ゲームエンジンが完成してもお金にならないことです。

ゲームエンジンはツールに過ぎないので、それ単体でゲームができるわけではないのです。
ということは、ゲームの開発はもっと先になって、資金の回収がすごく遅れます。

日本の会社では、PS4のグラフィックに対応できるゲームエンジンをつくることが難しくなりました。
日本だけではなく、世界の中小規模の会社で難しくなりました。

そこで、他社が開発したゲームエンジンを使ってゲームをつくろうという考えが一般的になりました。
また、ゲームの主役がゲーム機ではなく、スマートフォンになったことも他社の
ゲームエンジンを取り入れようとする動きにつながります。

スマホでゲーム機と同じ様なグラフィックを表示する技術がなかったのです。
各社のゲームエンジンは、ゲーム機向けでしたから。

そんなゲームエンジンの代表各が、Unity(ユニティー)とUnreal Engine(アンリアルエンジン) です。

■UnityとUnreal Engine
日本で圧倒的に人気になったのは、Unityです。
3Dの描画にすぐれ、何よりスマホに対応しているのがいい!!
アンリアルもの後に対応する様になりますが、
スマホに対応するのがとにかくはやかったのです。

一方、アンリアルは、スマホへの対応もうたってますが、
まだ本格的な採用実績が少ないです。

元々、アンリアルエンジンは、名作TPSゲーム、ギアーズオブウォーでお馴染み、
エピックゲームスがつくったゲームエンジンです。

よって、TPS/FPS の作成に非常に向いていました。
しかし、大型アップデートバージョン、Unreal Engine 4で、その他のゲームジャンルでも使えるように
汎用性を高めてきました。
タイミング良く、鉄拳7で使用された事例が紹介されている記事があったので、詳細はこちらから。 

ちなみに、これらのエンジンを使用するには、ライセンス料が必要です。
それでも、やっぱり一からゲームエンジンをつくるより、楽です。

■とは言っても自社開発のエンジンだと色々便利
他社のゲームエンジンのバグがあると、そこで試合終了です。

自社なら、「バグを直してくれー」ってエンジンを開発した部署にお願いできますが、
アンリアルやユニティーの様に複数の会社で使われているエンジンの修正に時間がかかります。

それぞれの会社も日本から遠いので、直接お願いにもいけませんし。
バグの対策の質問を投げても返答遅いですし......。

ちなみに、自社開発でがんばっている日本のゲーム会社は、
スクウェアエニックスさんがルミナスエンジンを、
コナミさんが、フォックスエンジンをつくっています。

フォックスエンジンは、メタルギアソリッドで使われその威力が堪能できます。

さっと、ゲームエンジンまわりのお話をしてみました。
今回は、このへんで。

その他の用語はこちら