マジでやらかした映画!

中島監督大好きな私も、ちょっと擁護しきれない。

グロ表現が多いこと、暴力表現が甚だしいことそんなことはどうでもいい。

話が基本的に、わかりづらい!!!

パルプフィクション的に時系列を無視した構成なのだが、最後にうまく収束して、脳内でうまくつなぎ合わせることが難しい。
怒涛の展開の一方で、内容が頭にはいってこない。
ほんとに初見はきつい。かといって、グロ表現が多いので、また見ようと思わない……。

劇中のサスペンス的な謎解き要素は非常にひきがあるだけに、非常にもったいなかった……。

サスペンスとしても、アクションとしてもバイオレンスとしても、中途半端。

ただ、監督特有の映像演出は相変わらず最高。アニメと実写との組み合わせは健在。そこはいい。